• 好循環によるワクワクドキドキをあなたに

水害のイメージ

被災者の数多く、救助を待つうち家は水没し溺死する等、命の失う可能性もあります。災害に対して受け身では心許ないと思います。危険が差し迫った時、流れが落ち着いた時、それぞれのタイミングで脱出をはかる必要があります。
小型ボート等は、川沿い、海沿いに住宅がある人に限らず、最早一家に一艘の時代、絶対必要だと思います



« ← 前の記事へ ・ 次の記事へ→

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。