• 好循環によるワクワクドキドキをあなたに

今回はキャンプ用ケトルを改造する。

物を買ってもノーマルで使うことが少ない。

大概、自分仕様にカスタマイズしてしまう。

たとえアブノーマルな結果になったとしても…。

自称アップサイクリストでミニマリスト、アドレスホッパー予備軍のバンライファ―兼サバイバリストな私は、普段使いのキャンプ用ケトルにクロスオーバー的な改造を施すことにした。

とは言うものの

完成形のケトルにケチをつける点は無い。

目に入ってきたのは100均で購入したお玉立て

このお玉立ては自宅だけでなくキャンプでも使う。

自宅でもキャンプでも荷物を極力減らしたい。

ケトルの蓋がお手隙状態なのに気付いた。

そうだ、ケトルとお玉立てを合体させよう!

安易な発想のもと、改造が始まった。

ケトルの蓋兼お玉立てにするには若干お玉立ての底面が大きすぎた。

若干大きいだけなら問題無い。

金づちを使って縁を叩き径を小さくしていく。

そして、蓋のツマミ代りとなる部分に、ヤケド防止のシリコンパッドを付けて完成。

シリコンパッドを取り付けたお玉立て。これがケトルの蓋となる。
ケトルを鍋代りとしても使う私にはもってこい


« ← 前の記事へ ・ 次の記事へ→ »

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です